文字の大きさ
縮小
標準
拡大
文字色・背景色

ホーム > 企業の方への情報 > 精神障害者雇用サポート事業

精神障害者雇用サポート事業

平成30年4月から「精神障害者の雇用義務化」を受け、精神障害者の雇用を検討している中小企業等に専門のアドバイザーを派遣して、雇用前から雇用後の定着支援まで一貫した支援をします。詳しくはお問い合わせください。

雇用前の環境整備を支援

精神サポート事業チラシ

  • 精神障害者を雇用するために必要な準備を進め、円滑に採用活動を行うための支援を行います。
  • 支援の内容は、仕事の切出し、雇用管理の制度設計(勤務日数・時間や休暇など)、職場内の理解促進、採用活動に関する支援などです。

企業の雇用管理を長期的にサポート

  • 採用者の障害程度や特性等に応じて環境を調整するとともに、精神障害者を雇用した場合、採用後3年間にわたって雇用継続に向けた企業支援を行います。
  • 支援の内容は、仕事の教え方や指示の出し方に対するアドバイス、雇用管理制度や雇用環境の調整、症状悪化等の際の対応に関する支援などです。

 

サポート対象企業

次の要件を満たす中小企業等(各種法人や協同組合等の団体、個人事業主を含みます)。

  • 現在、精神障害者を雇用していない。
  • 都内事業所での精神障害者雇用に積極的に取り組む意思がある。
    • 特例子会社は対象外となります。
    • この他にも要件があります。

サポート期間

精神障害者を雇用した場合、採用から最長3年間サポートします。

詳しくはチラシをご覧ください(PDF:1.21MB)(お気軽に電話でお問い合わせください)。

 

サポートのながれ

インテーク:お問い合わせ~訪問・ヒアリング→事業利用申込み~支援計画の策定

まずはお電話でお気軽にお問い合わせ下さい。(特に精神障害者の雇用について積極的に検討している企業等には、専門のアドバイザーが訪問してより詳細な事業のご案内と、現在の状況などをヒアリングします)。

この事業の利用申込みをしていただくと、アドバイザーが、企業等の担当者と綿密な打合わせを行い、それぞれの状況に応じた『支援計画』を策定します。

 

ステージ1:雇用前の準備へのサポート

精神障害者を雇用する前に知っておくべき知識・情報を提供しつつ、必要な準備についてサポートします。

  • 知識・情報の提供(精神障害に関する職場理解の促進・活用できる各種サービスに関する情報提供など)
  • 雇用前の準備へのサポート(職務の切り出し・雇用管理制度・職場環境整備のアドバイスなど)

ステージ2:採用活動へのサポート

求人募集の方法は採用活動上のポイントについて、それぞれの状況に適した採用活動を提案・サポートします。

  • アドバイザーは、採用選考(評価)には関わりません。

ステージ3:採用直後の職場定着に向けたサポート

  • 仕事の教え方や指示の出し方について実践的にアドバイスします。
  • 雇用前に策定した雇用管理制度や整備した職場環境を評価し、採用した精神障害者の特性に応じて調整します。
  • 企業等の担当者とともに、採用した精神障害者が利用する支援機関や主治医等との連携体制を構築します。

ステージ4:長期的な雇用管理へのサポート

長期・安定した雇用に向けて、アドバイザーが職場を定期的に訪問して必要なフォローをします。

  • 個別面談(企業担当者・障害者)への立会い
  • 主治医、地域の支援機関等を交えた連絡会議への参加
  • 症状悪化の際などの相談対応
  • その他、必要に応じた電話相談対応・職場訪問など

お問い合わせ

コーディネート事業係(精神サポートの件)とお伝えください。
電話 03-5211-2318
ファックス 03-5211-5463

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

 

 

ページの先頭へ戻る